中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成25年1月1日号

新春座談会

写真 新春座談会の全体写真

新年明けまして
 おめでとうございます
  輝かしい新春を迎え 中央区民
   皆さま方のご健勝とご多幸を
    心からお祈り申し上げます

中央区長
 矢田美英
 (やだよしひで)


 昨年は区政万般にわたり温かいご支援・ご協力をいただき、ありがとうございました。おかげで各施策とも大いに充実・発展し、中央区の魅力を一段と輝かせることができました。心から感謝・御礼申し上げます。
 今年も皆さまと力を合わせ「平和」と「環境」をすべての施策の根幹に据え、お子さまから高齢者の方まで、あらゆる世代の区民の皆さまが、かけがえのない人生をいきいきと安心して暮らし続けられる、「快適な都心居住」のさらなる充実・発展に向け、区の総力をあげてまいりますのでどうかよろしくご指導・ご鞭撻のほどお願いいたします。
 本区の人口は、30代・40代の働き盛りを中心に増え続けております。1年間に生まれる赤ちゃんも3年連続で1,400人以上となっており、“にぎわいと活気”に満ちあふれています。防災面では東日本大震災の教訓を踏まえ、地域防災力の向上、減災を目指し、地域防災計画の見直しを進めており、この2月にはまとめる方針です。
 一方、築地が市場移転後も世界に誇れる食文化の拠点・観光スポットとして発展していくための取り組みをはじめ、さらなるきめ細やかな子育て支援や活力ある高齢社会に向けた「70歳就労社会」の実現、健康な生活を送るための保健・医療・福祉の充実・連携強化、省エネルギー・創エネルギーなど、環境負荷軽減への施策や景気浮揚と商工業の活性化などの課題解決に向け迅速に対応しなければなりません。また、歴史と伝統が息づく都心にふさわしい風格あるまちづくりとともに、住む人も訪れる人も心ときめく、楽しめるまちをつくっていくことが大切です。
 区では、昨年3月“千客万来”の「中央区観光振興ビジョン2012」を策定し、外国人観光客を大歓迎する“都市観光”を推進しております。折しも昨年10月、東京で48年ぶりに開かれたIMF・世界銀行年次総会へは数多くの外国の方々が来日され、銀座や日本橋、築地、月島など世界に誇れるまちへようこそ、という日本人のおもてなしの心でお迎えいたしました。また、今年4月には、日本を代表する伝統芸能の殿堂のひとつである歌舞伎座が新装開場するなど、文化面での魅力も増し、さらに多くの外国の方々の来街が期待できます。
 そこで本日は、中央区観光協会会長の古屋勝彦さん、中央区観光振興ビジョン2012の策定委員でありました竹沢えり子さん、堺美貴さん、秋友一美さん、王鈴英さんにお集まりいただき、「都市観光」 歴史と未来が交差するまちへ をテーマに、新春座談会を開催いたしました。

竹沢 えり子さん の写真 Profile
竹沢 えり子さん

銀座街づくり会議・銀座デザイン協議会
秋友 一美さん の写真 Profile
秋友 一美さん

晴海アイランドトリトンスクエア
(株)晴海コーポレーション総務部長
古屋 勝彦さん の写真 Profile
古屋 勝彦さん

中央区観光協会会長
堺 美貴さん の写真 Profile
堺 美貴さん

月刊「日本橋」代表
王 鈴英さん の写真 Profile
王 鈴英さん

(ワン リンイン)
中央区文化・国際交流振興協会ボランティア
矢田 美英区長 の写真 矢田 美英区長

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.