中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る  この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成24年11月1日号

地域をつなぐ「声の架け橋」


パーソナリティーの秋野さん(左)とリポーターの福宮さん(右)

4月から新しく始まった中央区のラジオ企画番組「ウィークリー声の架け橋」をお聴きになったことはありますか。
この番組は地域密着型のFM放送局である中央エフエム(FM84.0MHz)が制作・放送しており、区内のさまざまなイベントなどの取材を通じて区民の皆さんの声などを伝える区民参加型の企画番組です。今回は番組パーソナリティーの秋野かほりさんとリポーターの福宮あやのさんにお話を伺いました。
放送開始から約半年、番組の制作を通して知った中央区の魅力を伺うと、秋野さんは「中央区といえば銀座というイメージが強かったのですが、下町の風情あふれる場所も多くて、新たな発見がありました。また、さまざまなイベントが行われていたり、郷土天文館『タイムドーム明石』などお子さんから高齢の方まで楽しめる施設も充実していて驚きました」、また、福宮さんは「イベントやサークルの取材などで区民の方と接して、地元に誇りを持ち、中央区を愛している方が多いことがとても印象に残っています」と笑顔で話してくれました。
これまで番組では、区民の皆さんに身近な団体の活動の様子や音楽のリクエストなどをお伝えしてきましたが、秋野さんは「今後も、『中央エフエムだからこそ聴くことができる』地域に根ざした特別感のある番組にしたいです。同じ内容の放送を1日3回、1週間、何度でも楽しめるというこの番組の特長を生かして、もっともっと中央区を好きになってもらえるような番組を目指します」、そして、福宮さんは「皆さんの『楽しい』を一緒に体験して、それをどんどん発信していきたいです」と、今後の番組づくりへの抱負を生き生きと語ってくれました。
子どもの頃からラジオを聴くのが好きだったことがきっかけで今の仕事につながっているというお二人が、ラジオの仕事に携わることができて本当に楽しい、と嬉しそうに話す姿がとても印象的でした。
最後に「区民の皆さんが主役の番組なので、ぜひ一緒にいい番組を作っていきましょう」とお二人からメッセージをいただきました。
多くの区民の方の声を届けることで、区民の皆さんをつなぐ架け橋となるような番組を目指して始まった「ウィークリー声の架け橋」。ぜひお聴きください。


スタジオ収録の様子

番組放送時間 (FMラジオ84.0MHzで放送しています)

中央エフエム・ラジオシティ「中央区からのお知らせ」(10分番組)
 月曜日から金曜日 午前10:30から10:40 午後3:00から3:10 午後9:30から9:40 (祝日・休日、年末年始を除く)

企画番組「ウィークリー声の架け橋」(20分番組)
 月曜日から金曜日 午前10:40から11:00 午後3:10から3:30 午後9:40から10:00
 土曜日・日曜日   午前10:00から10:20 午後3:00から3:20 午後9:40から10:00

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.