中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成24年8月1日号

メタボリックシンドローム改善のための「特定保健指導」が始まります

生活習慣病は、内臓脂肪の蓄積が原因となっていることが多く、肥満に加えて、高血糖、高血圧といった状態が重複した場合には、脳血管疾患などの発症リスクが高くなります。内臓脂肪は、適度な運動とバランスの取れた食事により減らすことができます。
特定保健指導とは、特定健康診査の結果により、生活習慣改善の必要性が高いと判断された方を3つの保健指導レベルに分けて、それぞれに合わせた保健指導を行い、生活習慣の改善を支援するものです。
中央区国民健康保険に加入されている方で、指導レベルが「動機付け支援」または「積極的支援」と判定された方には、区から「特定保健指導利用券」をお送りします。
医師や専門スタッフにより、栄養や運動についての具体的なアドバイスが受けられますので、この機会にぜひご利用ください。
なお、健康保険組合や共済組合などに加入されている方については、それぞれの組合窓口などにお問合せください。

保健指導レベルの階層化
健診結果から次の項目にいくつ該当するか数えます。

(ステップ1)


(ステップ2)
1 空腹時血糖値100r/デシリットル以上またはヘモグロビンA1c5.2%以上
2 中性脂肪値150r/デシリットル以上またはHDLコレステロール値40r/デシリットル未満
3 収縮期血圧130ミリメートルHg以上または拡張期血圧85ミリメートルHg以上
4 喫煙経験があり、上記1〜3の項目に1つ以上該当する。

(ステップ3)
ステップ1・2から保健指導対象者をグループ分けする。

ステップ1 ステップ2
どれも該当しない 1つ該当 2つ該当 3つ以上該当
(1)に該当の場合 情報提供 動機付け支援 積極的支援 積極的支援
(2)に該当の場合 情報提供 動機付け支援 動機付け支援 積極的支援
上記のどれにも該当しない 情報提供 情報提供 情報提供 情報提供

※BMIとは肥満度を示す体格指数です。体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)により算出します。

特定保健指導の対象・内容
指導対象者 指導レベル 指導内容
受診者全員 情報提供 情報提供(医療機関からパンフレットの配布)
リスクが出始めた方 動機付け支援 グループまたは個別指導(原則1回実施)
リスクが重なりだした方 積極的支援 グループまたは個別指導(3から6カ月実施)

◎服薬中の方は、特定保健指導の対象となりません。
◎65歳以上76歳未満の方は、積極的支援の対象となった場合でも動機付け支援となります。
◎76歳以上の方は、特定保健指導の対象とはなりません。

費用
無料

【問合せ先】 
福祉保健部管理課保健係
電話 03-3546-5397

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.