中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成24年7月11日号

行政懇談会が開催されました

5月14日(月曜日)・22日(火曜日)・25日(金曜日)の3日間、京橋・日本橋・月島の各地域で町会長・自治会長に出席いただき、行政懇談会を開催しました。
この懇談会は、区、警察署、消防署、都第一建設事務所の区内行政機関が一堂に会し、区の主要事業を説明するとともに、地域に関する意見や要望を直接お聞きするものです。
当日のご意見の中からいくつかご紹介します。

質問
スマートコミュニティ実現のための方策について

回答
東京駅前地区と晴海地区において、省エネの推進や未利用エネルギーの活用などによる先進的な低炭素型地区の実現を目指すため、「中央区エコタウン構想」を平成23年度に取りまとめたところです。今後も省エネ・創エネ対策の実施や再開発事業等を通じたエネルギーの効率化など、環境負荷の低減に向けた取り組みを積極的に推進していきます。

質問
地上部分で気軽に利用可能な駐輪場の増設について

回答
「中央区まちづくり基本条例」で駐輪場の整備を優先項目としており、再開発事業者に対し、駐輪場を設置するよう指導しています。
今後も、開発の機会を捉えた駐輪場等の整備や広い歩道への駐輪機器設置を具体的に検討していきます。

質問
商店街における呼び込み、路上看板等の対策について

回答
現在、警察署、町会・商店街などと合同で、客引きや呼び込み、路上看板等に対するパトロールを実施しています。今後とも「中央区安全で安心なまちづくりを推進する条例」に基づき、区民や事業者の皆さんの意識の向上を図るとともに、各種キャンペーンや合同パトロールを強化するなど、道路環境の適正化に取り組んでいきます。

質問
町会のイベントにおけるバスの借り上げに対する助成について

回答
バスの借上費用などに限定した助成制度は、すべての町会・自治会がバスを使用したイベントを実施していないこともあり、公平性の観点から、現時点では導入は難しいと考えていますが、町会・自治会が主催するバスハイクなどのイベントは、「地域手づくりイベント推進助成」の対象になりますのでご活用ください。

質問
津波被災を想定した地域別協力体制の確立について

回答
本年4月に都が公表した被害想定では、本来閉まるべき水門が閉まらなかった場合の、万々が一のときに、本区の一部で津波の浸水被害が生じるといわれています。こうした津波による浸水の発生に際し、地域の協力体制のあり方、情報伝達や避難の方法を、総合的に検討しています。

質問
江戸バスの経路について

回答
江戸バスの運行ルートは昨年1月に一部変更を行い、さらに本年7月中旬にも銀座方面への延伸などの一部変更を行う予定です。
今後も、江戸バスの収支や利用実態、利用者からのご意見などを踏まえ、運行ルートの改善に取り組んでいきます。

【問合せ先】 
地域振興課自治振興係
電話 03-3546-5336

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.