中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成24年6月11日号

災害廃棄物の受入れに伴う中央清掃工場の排ガス等の調査結果

中央清掃工場では、3月2日(金曜日)から15日(木曜日)までの間、宮城県女川町の災害廃棄物を受入れました。
(放射能等測定結果は、4月21号の「区のおしらせ 中央」に掲載しています)。
◎調査結果は、東京23区清掃一部事務組合ホームページで公表しています。

排ガス調査結果
項目 基準値 調査年月日 単位
大気汚染防止法 自己規制値 1号 3月6日・7日
2号 3月8日・9日
ばいじん 0.04 0.01 1号 不検出(<0.001) g/立方メートルN
2号 不検出(<0.001)
硫黄酸化物 60 10 1号 不検出(<1) ppm
2号 不検出(<1)
窒素酸化物 250 50 1号 41 ppm
2号 36
塩化水素 430 10 1号 不検出(<2) ppm
2号 不検出(<2)
水銀 0.05 1号 不検出(<0.005) mg/立方メートルN
2号 不検出(<0.005)

◎「不検出」とは、定量下限値未満を示す。
◎各項目の値は、酸素濃度12%換算値である。
◎立方メートルN(ノルマル立方メートル)は、0℃、1気圧の標準状態における気体の体積を表す。
◎ppmは、100万分の1の割合を表す。

排水調査結果
項目(単位) 基準値 調査年月日
平成24年3月9日
温度(℃) 45未満 21.0
水素イオン濃度(pH) 5を超え9未満 7.3
生物化学的酸素要求量(BOD)(mg/L) 600未満 8
化学的酸素要求量(COD)(mg/L) 15
銅(mg/L) 3以下 0.02
亜鉛(mg/L) 2以下 0.49
鉄(溶解性)(mg/L) 10以下 0.6
マンガン(溶解性)(mg/L) 10以下 0.7
窒素含有量(mg/L) 120未満 7.19
ふっ素(mg/L) 15以下 0.10
ほう素(mg/L) 230以下 0.72

◎その他、浮遊物質量等基準値がある30項目については、いずれも「定量下限値未満」であった

ダイオキシン類調査結果
項目 基準値 調査値 調査年月日 単位
排ガス 1号炉 0.1 0.0000023 平成24年3月6・7日 ng-TEQ/立方メートルN
2号炉 0.1 0.0000046 平成24年3月8・9日
飛灰処理汚泥 0.33 平成24年3月9日 ng-TEQ/g
焼却灰 3 0.0000011 平成24年3月9日 ng-TEQ/g
排水 10 0.00011 平成24年3月9日 pg-TEQ/L

◎ダイオキシン類は、ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン、ポリ塩化ジベンゾフラン、コプラナーポリ塩化ビフェニルの総称である。
◎TEQ(毒性等量)は、ダイオキシン類の量を最も毒性の強い2,3,7,8-四塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシンの毒性に換算した値である。
◎排ガス中のダイオキシン類の値は、酸素濃度12%換算値である。
◎ng(ナノグラム)は、10億分の1グラムの質量を表す。
◎pg(ピコグラム)は、1兆分の1グラムの質量を表す。
◎立方メートルN(ノルマル立法メートル)は、0℃、1気圧の標準状態における気体の体積を表す。
◎飛灰処理汚泥は、飛灰を薬剤処理(ダイオキシン類対策特別措置法で定められた処理)しているので、基準値は適用されない。

中央清掃工場周辺の大気中のダイオキシン類調査結果
調査年月日 平成24年3月5日から12日
調査場所 調査値 単位 環境基準値
中央清掃工場 0.033 pg-TEQ/立方メートル 0.6(年間平均値)
京橋築地小学校 0.028
豊海小学校 0.026

【問合せ先】 
・排ガスなどの調査結果について
 東京23区清掃一部事務組合施設管理部技術課
 電話 03-6238-0765

・災害廃棄物受け入れの経緯について
 中央清掃事務所清掃事業係
 電話 03-3562-1523

 東京23区清掃一部事務組合ホームページアドレス http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp(外部サイトへリンク)

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.