中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る  この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成24年4月21日号

区内文化財

京橋の親柱

区民有形文化財 建造物 銀座一丁目および京橋三丁目(旧京橋橋詰)
中央通りと東京高速道路が交差する場所には、橋の欄干にみられるような太い柱が三基残されています。親柱と呼ばれるこの柱は、かつて当地に「京橋」という橋名の橋が架けられていた時代の遺構です。
歴史をさかのぼると、この「京橋」は、江戸時代初期に大川(隅田川)から八丁堀(堀川)に続く船入堀として開削された京橋川に架かる橋でした。創架年は日本橋が架橋された慶長8年(1603)とほぼ同時期とされており、江戸市中の御入用橋(幕府公金による御用普請・維持管理の橋)の中でも、日本橋・京橋・新橋の三橋は擬宝珠(欄干柱頭部の宝珠形装飾)が付いた格式高い橋でした。
東海道筋にあたる「京橋」の周辺は、江戸時代を通して数多くの商人・職人が集住する町人地であり、京橋川の水運による物資集散の地でもありました。特に、京橋川沿いは橋の東側に竹河岸・西側に大根河岸と呼ばれた河岸地が発達し、大正期まで存在していました。
当時の様子は、広重の描く「名所江戸百景 京橋竹かし」や明治期の『風俗画報』などでも知ることができます。
明治になると、木造橋であった「京橋」は、明治5年(1872)の銀座大火を契機に煉瓦造りの西洋風耐火建築となった銀座の街に合わせるように、同8年、石造アーチ橋になりました。なお、親柱の橋名(「京橋」や「きやうはし」の陰刻文字)は、詩人・佐々木支陰が手掛けています。
「京橋」はその後、明治34年(1901)に親柱・欄干を転用する形で鋼アーチ橋となり、大正11年(1922)には、橋を拡幅してアール・デコ調(1925年にパリで開催の「現代装飾芸術・産業美術国際博覧会」に由来する直線・流線・幾何学的模様の様式)の欄干や親柱上部に照明設備を備えるモダンな建築デザインの橋へと改架しました。
この橋は、震災・戦災による損傷個所を修理しながらも、昭和38年から同40年の京橋川埋立工事に伴う撤去まで使用されました。
江戸以来の擬宝珠をかたどった明治(二基)・大正期(一基)の親柱は、橋の撤去後も記念碑として現地に保存されています。


明治(左)・大正(右)の親柱

中央区主任文化財調査指導員
増山 一成

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.