このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

市場移転関連予算の可決にあたっての区長コメント

更新日:2017年5月8日

 本日、東京都議会において、築地市場の豊洲移転関連経費を含む平成23年度東京都中央卸売市場会計予算案が賛成多数で可決されました。
 これは、東京都や都議会、市場関係者など多くの関係者が真摯に議論を重ねて出された結論であり、移転により多大な影響を受ける地元区として、これを重く受け止めているところであります。
 築地市場の移転・再整備問題につきまして、本区は平成11年に東京都が移転整備の方向性を示して以来、区議会、地元住民の方々と一体となり、現在地での再整備を願い、要望や働きかけを重ねてまいりました。
 一方で、平成16年12月には「築地」の将来に責任を負う地元区として、市場が移転した場合であっても築地の活気とにぎわいを継承するための「鮮魚マーケット構想」を策定しました。また、昨年10月にはこの構想を発展させた「賑わい施設」の検討を都に要望するなど、食文化の拠点として繁栄してきた「築地」を守り、将来に引き継ぐために地域の方々とともに取り組んでまいりました。
 本日、築地市場移転・再整備問題について、東京都及び都議会の結論が出されたことを受け、あらためて築地の活気とにぎわいを維持・発展させるための取り組みに全力を尽くすことを決意いたしております。
 東京都は本日までの都議会第一回定例会において、市場移転後の築地のまちづくりに関し、「歴史・文化を尊重し、これまで築地市場と場外市場が一体となって育んできた食文化の拠点としての活気と賑わいをどのように引き継ぐかという観点から検討する」「中央区や関係者と協議してすみやかに検討を進める」旨表明しており、地元区の願いは、基本的には理解されているものと存じております。これについては、昨日、東京都に直接確認したところであります。今後は、東京都と十分な協議を行い、地域の方々と検討を重ねてきた築地の将来への思いを都の計画に確実に結びつけてまいりたいと考えております。
 築地市場は、昭和10年の開場以来75年の長きにわたり、本区の中で愛され親しまれ、誇りとし、共に歴史をつくってまいりました。築地市場の再整備に向けては20年をこえる長い議論があり、多くの関係者が先行きの見えない不安に苦しんでまいりました。いまださまざまな意見や解決すべき課題もありますが、移転整備の結論が出された今、多くの関係者の理解に向けて引き続き東京都のご努力をお願いするとともに、都民や関係事業者にとって最善の結果となるよう望むところであります。
 本区といたしましては、市場が移転した後も活気とにぎわいを維持し、断固「築地」を守る決意であり、場外市場はもとより、築地地区全体がわが国を代表する食文化と観光の拠点として一層発展し続けられるよう区の総力をあげて取り組んでまいります。
平成23年3月11日
中央区長 矢田 美英

お問い合わせ

政策企画課政策企画主査
電話03-3546-5213
ファクス03-3546-2095

本文ここまで

サブナビゲーションここから

築地市場再整備問題の経緯と区の取り組み

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る