このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

環状第2号線の都市計画変更に関する申し入れ(平成16年2月)

更新日:2005年9月22日


平成16年2月19日
東京都知事 様
中央区長
中央区議会議長

環状第2号線の都市計画変更に関する申し入れ
昨年12月に東京都から示された環状第2号線の都市計画変更につきましては、同道路の地上化により大気汚染等の環境を悪化させ、また、本区の今後のまちづくりにとって極めて深刻な問題を抱えており、受け入れられるものではありません。
 とりわけ、この都市計画に関連する築地市場再整備問題については、これまでの本区からの疑問に対して明確な回答もないままに、移転整備の方向を既成事実として計画を推進し、いたずらに地域に混乱を引き起こしています。その上で、今回、一方的に環状第2号線の都市計画変更を提案することは、区民や事業者、地域のまちづくりをまったく無視しており、中央区および中央区議会は一致して強く抗議いたします。
 都においては、このような態度を速やかに改め、今後、下記に掲げる問題点を踏まえ、地元の意見を十分に取り入れるとともに、地元との調整がなされないまま、一方的に都市計画の手続きを進めないこと、特にまちづくりについては、都心における貴重な国公有地も適切に活用し、首都東京の核にふさわしいものとなるよう推進されることを、強く申し入れます。

1 築地市場再整備問題
築地市場再整備問題について、再三にわたる区からの疑問提示に対し て、合理的で明確な回答もないままに豊洲地区への移転計画を強引に進め、地元に混乱と不安、不信感を引き起こしている。その中で、「移転ありき」を前提とした一方的な「都市計画の変更」を打ち出していること。
2 地域の生活環境への悪影響
環状道路の地上化に伴う大気汚染や騒音・振動の増大、交通渋滞の深刻化、歩行者の交通事故の増大、コミュニティの分断等の生活環境への悪影響が懸念されること。
3 まちづくりのビジョンの欠如
都市の基幹ともいえる道路整備にもかかわらず、築地・勝どき・豊海・晴海をはじめとするまちの連続性を踏まえた将来のあり方や周辺の開発との連動などのまちづくりのビジョンがないこと。
4 不自然な道路の形状
幹線道路にもかかわらず、勝どき地区から晴海地区まではこれまでの支線1号の道路形状を単に踏襲し十分な幅員・側道を確保していない。さらに、橋梁のために道路が斜路形状となり区画道路が寸断されるなど地域内の連絡が阻害され、生活環境への配慮に欠けていること。
5 景観の悪化
貴重な歴史的構造物で観光資源として世界に誇る「勝鬨橋」に近接して新たな橋梁を隅田川に架けることは、水辺環境や都心の優れた景観を損なうおそれがあること。
6 国公有地の活用における地元自治体との連携の不足
環状第2号線予定地に含まれる中央水産研究所跡地について、都は国と売却交渉を行っていたにもかかわらず、昨年地元との調整もなく当該敷地を民間へ売却することを容認した上、さらに、道路用地として買い戻すこととするなど、国公有地の公共の福祉にかかる活用について、一貫性や地元との連携を著しく欠くこと。
7 説明責任の不履行
以上のような問題点を多く含む都市計画の変更にもかかわらず、都は、計画変更の明確な必要性と理由、地下化と地上化のそれぞれのメリット・デメリット、総事業費、周辺環境への影響や通過交通量など地元との協議に必要な基本的な事項を十分明らかにせず、説明責任を果たしていないこと。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

築地市場再整備問題の経緯と区の取り組み

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る