このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

築地市場再整備に関する抗議(平成11年11月)

更新日:2005年8月26日

平成11年11月10日

東京都知事様
東京都中央区長
東京都中央区議会議長

 築地市場の再整備については、かねてより現在地での整備を促進するよう、中央区議会の意見書はもとより、区長・議長連名の要望書などにより、再三にわたり貴職へ要望してきた。しかるに、去る9日、第28回築地市場再整備推進協議会で移転整備の方向がとりまとめられたことは誠に遺憾であり、断じて容認できない。改めて現在地での再整備を強く求めるものである。
 そもそも推進協議会は、現在地での再整備を円滑に進めるために設けられたものであり、東京都卸売市場審議会の答申やこれに基づく第6次東京都卸売市場整備計画の方針から逸脱した議論をすることは、筋違いである。
 市場当局は、いたずらに時間を費やし、市場業界を混乱におとし入れ、あるいは業界を誘導するが如き行動さえとってきた。そのうえ本区がかねてから疑問を呈してきた下記の事項に対して明確な回答もないまま、まさに「最初に移転ありき」の姿勢で推進協議会を運営するなど、不信感を募らせたことは、市場開設者としての責任を放棄したものと断ぜざるを得ない。
 ここに、中央区民の総意をもって強く抗議する。

1. 移転先の40ヘクタールの土地の確保の問題 
移転先と目される豊洲地区には、都有地(宅地)は14.4ヘクタールしかないが、40ヘクタールの土地をいかに、どのような手順で確保するのか。
2. 築地市場用地の扱い 
都心にかけがえのない23ヘクタールという公共の土地をどう考えるのか。
3. 交通アクセスの問題 
新市場豊洲への交通アクセスとして、開発者負担の問題も含め幹線道路などをどのように整備するのか。特に、現在地下鉄や自転車で市場を利用する多くの人々への対応はどうするのか。
4. 場外市場の問題 
場内市場と一体となって発展してきた、場外市場にはどのように対応するのか。
5. 移転までの間の現市場の整備 
移転までは相当な期間が見込まれるが、この間現築地市場について、防災対策も含めどのように改修していくのか。
以上5点について、明確な回答を早急に文書でいただきたい。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

築地市場再整備問題の経緯と区の取り組み

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る