このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

被扶養配偶者(第3号被保険者)ではなくなったときの国民年金の手続きはどのようにしたらよいですか。

更新日:2014年4月1日

離婚したり、収入が増えたり、配偶者が会社を退職したりして第3号被保険者ではなくなったときは、国民年金の第1号被保険者となります。
種別変更の手続きには、年金手帳と被扶養者でなくなった日が分かるものと印鑑(本人の場合不要)が必要です。保険年金課保険年金係(区役所4階8番窓口)または特別出張所で種別変更の手続きをしてください。
配偶者(第2号被保険者)が65歳になったときも、第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きが必要です。

お問い合わせ

保険年金課保険年金係
電話 03-3546-5370

本文ここまで

サブナビゲーションここから

年金

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る