このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

60歳以上でも国民年金に加入できますか。

更新日:2014年4月1日

国民年金は20歳から60歳になるまでが加入期間になります。
しかし、60歳になっても受給資格期間(年金を受け取るためには、原則、厚生年金や共済組合、国民年金の納付済期間や免除期間を合わせて25年以上が必要です)を満たしていない方や、過去に納め忘れなどがあり、年金受給額が満額(40年)に満たないときは、65歳になるまで任意加入をして保険料を納めることができます。ただし、昭和40年4月1日以前に生まれた方で、65歳になっても受給資格期間を満たせない場合は、特例的に70歳までの間、国民年金に任意加入できます。(特例高齢任意加入)
保険年金課保険年金係(区役所4階8番窓口)または特別出張所で60歳になってから手続きしてください。
65歳以降も任意加入する必要のある方は保険年金課保険年金係で手続きしてください。
65歳以降の任意加入の方の保険料の納付は、原則として口座振替になります。
【必要なもの】年金手帳、印鑑(本人申請の場合は不要)、預金通帳、預金通帳届出印、65歳以降の方は戸籍謄本または抄本
※老齢基礎年金を既に受給している方、厚生年金・共済組合等に加入している方は任意加入できません。

お問い合わせ

保険年金課保険年金係
電話 03-3546-5370

本文ここまで

サブナビゲーションここから

年金

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る