このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

透析をしています。申請すると医療費が安くなりますか。

更新日:2015年12月16日

国民健康保険の被保険者(加入者)で人工腎臓を実施している慢性腎不全(いわゆる人工透析)、血漿(けっしょう)分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害又は第9因子障害(いわゆる血友病)、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染)の治療を受けている方は、申請により特定疾病療養受療証が交付され、毎月の自己負担限度額が1万円または2万円(※)になります。
(※)所得(基礎控除後)が600万円を超える世帯、及び一人でも所得不明者がいる世帯の1ヶ月の自己負担限度額は、2万円となります。
申請に必要なものについては、保険年金課給付係にお問い合わせください。
なお、平成28年1月からは申請手続きの際に、書類によるマイナンバーの確認と本人確認を行いますので所定の書類をお持ちください。(所定の書類については下部リンク先をご参照ください)

お問い合わせ

保険年金課給付係
電話 03-3546-5360

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る