このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

軽自動車税

更新日:2017年1月4日

軽自動車税は、原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車、軽自動車(これらを軽自動車等といいます。)を所有することにかかる税金です。

納税義務者

毎年4月1日現在、中央区内に定置場(使用の本拠地)がある軽自動車等を所有している方

区分と税率

地方税法の改正に伴い、次のとおり軽自動車税の税率(年額)が変わりました。

(1)原動機付自転車、二輪の軽自動車、二輪の小型自動車、雪上走行車および小型特殊自動車
区分 税率(年額) ナンバープレート
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車 50cc以下または0.6kw以下のもの(ミニカーを除く) 1,000円 2,000円 中央区
こ●●-●●
50ccを超え90cc以下または0.6kwを超え0.8kw以下のもの 1,200円 2,000円 中央区
ち●●-●●
90ccを超え125cc以下または0.8kwを超えるもの 1,600円 2,400円 中央区
み●●-●●
ミニカー・三輪以上で20ccを超え50cc以下または0.25kwを超え0.6kw以下のもの 2,500円 3,700円 中央区
ら●●-●●
二輪の軽自動車
(125ccを超え250cc以下のもの)
2,400円 3,600円 2品川
く●●-●●
二輪の小型自動車
(250ccを超えるもの)
4,000円 6,000円 品川C
こ●●-●●
雪上走行車
(スノーモービルなど)
2,400円 3,600円 0品川
い●●-●●
小型特殊自動車 農耕作業用
(トラクターやコンバインなど)
1,600円 2,400円 中央区
ゆ●●-●●
その他
(フォークリフトやターレットなど)
4,700円 5,900円 中央区
ゆ●●-●●


(2)三輪、四輪以上の軽自動車
平成27年3月31日以前に初めて車両番号の指定を受けた車両は、表1のとおり現行税率のままとなります。また、表1(2)の車両のうち平成28年度中に新規取得した環境対応車(新車)について、表2のとおり平成29年度分の税率を軽減します。

表1
区分 税率(年額) ナンバープレート
平成27年度から 平成28年度から
(1)平成27年3月31日以前に初めて車両番号の指定を受けた車両(※1) (2)平成27年4月1日以後に初めて車両番号の指定を受けた車両 (3)初めて車両番号の指定を受けた月から13年超の車両(※2)
三輪の軽自動車
660cc以下のもの
3,100円 3,900円 4,600円 33品川
あ●●-●●
四輪以上の軽自動車 乗用 営業用660cc
以下のもの
5,500円 6,900円 8,200円 品川580
れ●●-●●
自家用660cc
以下のもの
7,200円 10,800円 12,900円 品川580
け●●-●●
貨物用 営業用660cc
以下のもの
3,000円 3,800円 4,500円 品川480
り●●-●●
自家用660cc
以下のもの
4,000円 5,000円 6,000円 品川480
く●●-●●

※1.初めて車両番号の指定を受けたとは、自動車検査証の「初度検査年月」をいいます。
※2.燃料の種類が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリンハイブリッドのものおよび被けん引車を除きます。

表2
区   分 平成29年度の税率(年額)
表1(2)の税率に対し概ね75%軽減 表1(2)税率に対し概ね50%軽減(※2) 表1(2)の税率に対し概ね25%軽減(※2)
三輪の軽自動車 乗用
660cc以下のもの
電気軽自動車

天然ガス軽自動車(※1)
1,000円 平成32年度燃費基準+20%達成車 2,000円 平成32年度燃費基準達成車 3,000円
貨物用
660cc以下のもの
平成27年度燃費基準+35%達成車 平成27年度燃費基準+15%達成車
四輪以上の軽自動車 乗用 営業用
660cc以下のもの
1,800円 平成32年度燃費基準+20%達成車 3,500円 平成32年度燃費基準達成車 5,200円
自家用
660cc以下のもの
2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 営業用
660cc以下のもの
1,000円 平成27年度燃費基準+35%達成車 1,900円 平成27年度燃費基準+15%達成車 2,900円
自家用
660cc以下のもの
1,300円 2,500円 3,800円

※1.平成21年天然ガス車基準に適合し、かつ、当該基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないものに限ります。
※2.ガソリンを内燃機関の燃料とする軽自動車で、平成17年排出ガスの基準値より75%以上窒素酸化物の排出量が少ないものに限ります。

手続き場所

車種によって手続きする場所が異なります。

手続き場所
軽自動車等の種類 届出先 電話
原動機付自転車
小型特殊自動車
中央区役所総務部税務課管理係
東京都中央区築地1丁目1番1号
03-3546-5267
二輪の小型自動車
 二輪の軽自動車
東京運輸支局
東京都品川区東大井1丁目12番17号
050-5540-2030
三輪の軽自動車
四輪以上の軽自動車
軽自動車検査協会東京主管事務所
東京都港区港南3丁目3番7号
050-3816-3100

手続きに必要なもの

原動機付自転車、小型特殊自動車の登録と廃車に必要なもの
申告の内容 申告に必要なもの
印鑑 標識交付証明書 標識(ナンバープレート) 販売証明書 廃車申告受付書 譲渡証明書 届出人の本人確認ができるもの
新規登録 新規購入        
転入 廃車手続き済み        
未廃車      
譲渡 廃車手続き済み      
未廃車    
廃車 区外転出      
譲渡・廃車      
盗難          

備考1:法人の場合は、会社の「社印」または「代表者印」を押印してください。
備考2:本人確認ができるものとしては、運転免許証、健康保険証などがあります。
備考3:法人の新規登録の際は、法人の名称及び所在地が確認できる到着郵便物、公共料金領収書などが必要です。
備考4:定置場を中央区外に変更した場合は、定置場がある区市町村のナンバープレートに変更する必要があります。
備考5:廃車の際、ナンバープレートを紛失等で返却できない場合、200円の弁償金を納めていただきます。
備考6:盗難で廃車の場合は、「盗難届の受理番号」「届出警察署」「届出日」を確認してください。

納税の方法

毎年、5月中旬にお送りする納税通知書によって、5月31日までに納めていただきます。
軽自動車税は、普通自動車のように月割課税ではなく年税のため、4月2日以降に廃車・名義変更等の手続きをしても、その年度の税額は納めていただくことになります。

減免

次のいずれかに該当する場合、納期限(5月31日)までに申請していただくと減免が受けられます。
1.災害その他の理由で生活が困難になった場合
2.生活保護法による扶助を受けている場合
3.その他特別の理由がある場合
4.身体に障害のある方が所有する軽自動車等で・・・
・もっぱら障害のある方が運転する場合
・生活を共にする方が、障害のある方のために運転する場合
・障害のある方のみで構成される世帯で、常時介護する人が運転する場合
(4.の各項目については障害のある方お1人につき減免できる車両は、普通自動車・軽自動車あわせて1台のみになります。)
5.障害のある方がもっぱら利用するための構造となっている軽自動車等を所有する場合
6.申請に必要な書類等についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

税務課管理係
電話03-3546-5265,03-3546-5266,03-3546-5267

本文ここまで


以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る