このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

国外から転入する

更新日:2017年1月5日

届出期限

住所を定めてから14日以内

届出できる日時

平日(月曜日から金曜日まで)の午前9時から午後5時まで
※水曜日の窓口延長時と日曜日については、日本人、外国人を問わず国外転入の受付はできませんのでご注意ください。

届け出る場所

外部サイトへリンク中央区役所(外部サイトへリンク)外部サイトへリンク日本橋特別出張所(外部サイトへリンク)外部サイトへリンク月島特別出張所(外部サイトへリンク)

届け出る人

本人
※代理人の場合は、本人からの委任状および本人のパスポートの原本が必要です。なお、外国人の場合は、在留カードまたは特別永住者証明書の原本も必ずお持ちください。

届出に必要なもの

◎パスポート(転入する人すべて、コピー不可)
自動化ゲートを利用しパスポートに出入国記録が残らない場合は、飛行機搭乗券の半券等入国日が確認できるものをお持ちください。
◎戸籍謄本または抄本(日本国籍の方のみ)
◎戸籍の附票(日本国籍の方のみ)
ただし、中央区内に戸籍がある人は、戸籍と附票は不要です。
◎在留カード(外国籍の方のみ)
◎届出人が代理人の場合は転入手続きを委任する本人の委任状と本人のパスポート(原本)および代理人の方の本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)
※なお、外国籍の方は、国外転入時に必ず在留カードの提示が義務付けられております。在留カードをお持ちいただけない場合は、転入の手続きは受け付けられませんのでご注意ください。
ただし、入国時に何かしらの理由で在留カードが発行されなかった場合は、パスポートに添付されている在留資格等のシールで手続きが可能な場合があります。

国外転入時の注意事項

日本人の場合

1.日本人の方は国外から中央区に転入する際、他の区市町村において住民登録が残っている場合は、国外転入の受付ができません。先に他の区市町村において転出の手続きを行ってください。
2.国外転入の受付時には、必ず住基ネットを検索する必要があります。住基ネットは月曜日から金曜日の午前9時から午後5時までしか検索できませんので、水曜日の窓口延長時と日曜日については、国外転入の受付はできません。

外国人の場合

1.外国人の方は法律によって国外からの特例転入が認められていますので、他の区市町村に住民登録が残っている場合でも、中央区への国外転入は可能です。その旨を窓口でお伝えください。
2.外国人の方は、国外転入時には必ず在留カードをお持ちください。在留カードの提示がない場合は、国外転入の手続きはできませんのでご注意ください。
3.外国人の方も国外転入の受付時には、必ず住基ネットを検索する必要があります。住基ネットは月曜日から金曜日の午前9時から午後5時までしか検索できませんので、水曜日の窓口延長時と日曜日については、国外転入の受付はできません。
4.在留資格が「特定活動」の方で国民健康保険の加入を希望する方は、必ず【指定書(DESIGNATION)】をお持ちください。
※【指定書】は通常入国時にパスポートに添付されます。

届出用紙のダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

区民生活課総合窓口係
築地一丁目1番1号
電話03-3546-5320
日本橋特別出張所区民係
日本橋蛎殼町一丁目31番1号
電話03-3666-4253
月島特別出張所区民係
月島四丁目1番1号
電話03-3531-1153

本文ここまで

サブナビゲーションここから

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る