このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

子ども発達支援センター ゆりのき

更新日:2018年5月7日

施設概要

児童福祉法に定める福祉型児童発達支援センターとして、平成30年4月に開設しました。

発達障害のあるなしにかかわらず、育ちに支援を必要とするお子さんやご家族の相談をお受けし、お子さんの発達状況に応じて、さまざまな支援を行う地域の療育の拠点です。

こどもの発達相談、同法に定めるさまざまな事業や保健・福祉・教育を繋ぐ「中央区育ちのサポートシステム」の中心的役割を担い、すべての子どもたちののびやかな育ちを応援します。

ゆりのきの画像
 

「ゆりのき」は、子ども発達支援センター前の歩道に植栽された美しい街路樹で、空に高く伸びる樹形と「幸福」という花言葉が、子どもの成長を願う思いに合っていることから、センターの愛称名に選ばれました。

実施事業一覧
事業名 対 象 内  容
こどもの発達相談 0から18歳の方
(新規相談は5歳児まで)
お子さんの発達に関する相談を受け、発達状況に応じて、心理面接、個別療育(理学療法、作業療法、言語療法)、集団療育や児童精神科等の専門相談を活用し、継続的な支援を行います。
児童発達支援(幼児室)(注記) 1歳半から5歳児までのお子さん 小グループでの遊びや課題を通して、基本的生活習慣の確立、運動機能・認知機能・社会性を高める支援を行います。
放課後等デイサービス(注記) 6から18歳の障害のある方 放課後や夏休みなどの居場所の確保と生活の支援を行います。
保育所等訪問支援(注記) 0から18歳の障害のある方 相談員が保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、特別支援学校などを訪問し、職員に対し専門的な支援を行います。
障害児相談支援 0から18歳の障害のある方 障害福祉サービスを利用する障害のあるお子さん・保護者に対し、支援計画を作成します。
育ちのサポートシステムの推進 0から18歳の方 発達障害など育ちに支援を必要とする子どもの個性を理解し、保健、福祉、教育が連携してライフステージに応じた切れ目の ない一貫した支援を推進します。

(注記)事業を利用する場合は、障害児通所支援の支給決定(受給者証)が必要です。

所在地

〒104-0044
東京都中央区明石町12番1号(中央区保健所等複合施設3階)

連絡先

電話:03-3545-9844
ファクス:03-3545-9660

業務・窓口受付時間

午前9時から午後5時

休業日・休館日

休日、祝日、年末年始

交通アクセス

地下鉄東京メトロ日比谷線「築地」駅下車3番出口 徒歩7分
東京メトロ有楽町線「新富町」駅下車6番出口 徒歩10分
都バス【東15】(東京駅八重洲口⇔深川車庫)「聖路加国際病院」下車 徒歩2分
江戸バス南循環4「あかつき公園」、5「聖路加国際病院」下車 徒歩3分

駐車場・駐輪場

身体障害者用あり

関連リンク

お問い合わせ

子ども発達支援センター発達支援係
電話:03-3545‐9844
ファクス:03-3545-9660

本文ここまで


以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る