このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

小学校特別支援教室

更新日:2018年1月11日

中央区では全小学校において、知的発達に遅れのなく通常の学級の授業におおむね参加できるが、発達障害などにより一部特別な支援を必要とする児童に対し、特別支援教室での指導を行っています。

特別支援教室の指導

普段は通常の学級に在籍し授業を受けながら、週一回程度校内に設置された特別支援教室で一人一人の児童の課題に合わせ、個別や小集団での指導を行います。拠点校の専門の教員が担当する学校を巡回して指導を行います。

巡回指導イメージ図
拠点校から教員が巡廻指導を行います。

特別支援教室の対象となる児童

発達障害等(高機能自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、学習障害等)や、次のような様子がみられる児童が対象です。

学校で現れる様子【例】
◆コミュニケーションがうまく図れない。
◆相手の立場になって考えることが難しい。
◆注意を集中しつづけることが難しい。
◆授業中に席を離れてしまう、質問が終わらないうちに答えてしまう。
◆読む、書く、聞く、話す、計算する、推論するなどの特定の能力の習得が難しい。
◆自宅で家族と話をするが、学校などの特定の場面では話をすることがほとんどない。

発達障害は、知的障害を伴う場合があります。知的障害がある児童は、特別支援教室の指導の対象になりません。

巡回体制

平成29年度は区内全小学校を拠点校を三校設置し、教員が各グループを巡回しています。
平成30年度からは巡回グループを見直し拠点校を三校増設、六拠点校体制で巡回指導を行う予定です。一拠点校が担当する巡回校を1~3校とすることで、各校へより多く巡回できるようにします。(実際の巡回日数は、指導を受ける児童数により決定します。)

拠点校変更図
平成29年度から平成30年度へ拠点体制の変更

申し込みについて

〇現在、区立小学校に在籍されている場合

特別支援教室での指導が必要か、学級担任や、スクールカウンセラー等にご相談ください。ご相談の結果、入室申請をいただく場合は在籍校に申請書をご提出ください。

〇平成30年4月に新入学される場合

新入学と同時に特別支援教室での指導を受けるためには、就学相談によりお子さんの様子をお伺いしていく必要があります。就学相談につきましては、下記担当までお問合せください。

お問い合わせ

教育委員会事務局指導室特別支援教育係
電話:03-3546-5631

本文ここまで


以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る