このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

学校給食について

更新日:2017年5月26日

保護者の皆様へ~学校給食の安全性について~

日頃より、中央区の学校給食運営にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
学校給食では、安全、安心でおいしい給食を提供するため、厚生労働省などからの情報に基づき、安全な食材を使用していきます。
具体的な取り組みは次のとおりです。
1.出荷停止措置がとられた地域の出荷停止食材は使用していません。
2.毎日、出荷停止措置等がとられた食材・地域を確認しています。
3.食材については、発注時、納入時に産地を確認しています。

食材の産地情報について

教育委員会では、給食で使用している食材の産地情報を提供しています。
食材の産地情報についてはこちらをご覧ください。

学校給食の目標

学校給食は、次の7つの目標を立てて実施しています。
a.適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
b.日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。
c.学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
d.食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
e.食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
f.我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
g.食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

献立の作成

献立は、次の点に考慮し、安全で楽しくおいしい食事内容を考えています。
a.栄養内容(栄養量を満たす)
b.児童・生徒の嗜好
c.栄養のバランス
d.食品の衛生・調理技術
e.児童・生徒の配膳、盛りつけの時間

小学校
昭和37年4月から、共同献立、物資の一括共同購入を行っています。
共同献立は、学期ごとに栄養士、調理員、学校の給食主任で構成する献立委員会で検討して作成しています。
また、効果的な学校給食の運営を図るため、学校長等で構成する「中央区学校給食管理委員会」を設置して給食用物資の一括共同購入を実施しています。
※今月の献立はこちらからご覧になれます。

中学校
共同献立、一括共同購入方式に代わり、平成19年4月から各校が献立を作成する単独校方式に変更しました。給食物資の購入についても、学校ごとに行っています。

平成29年度給食費(月額)

学年別給食費
小学校
低学年(1年・2年)3,820円
中学年(3年・4年)4,030円
高学年(5年・6年)4,260円
中学校
全学年4,700円

米穀の給付

米飯給食用の米のうち、小学校で週2回実施分、中学校で週3回実施分を区が購入し、現物給付することによって保護者負担の軽減を図っています。

ふれあい(交流)給食

区立小・中学校における学校給食に保護者や地域の方々を招待し、学校と地域とのふれあいの場を設けるとともに、より開かれた学校の実現を目指しています。
小学校は「敬老給食」「親子給食」「感謝の給食」「園児との給食」、中学校は「交流給食」などテーマを設定して実施しています。

給食調理業務委託

区立中学校の給食調理業務は、平成14年度から民間委託を開始し、現在全中学校で民間委託となっています。なお、平成29年9月からは、阪本小学校でも民間委託を開始する予定です。
区立小学校の給食調理業務は、平成18年度から民間委託を開始し、現在15校1園(城東小、泰明小、中央小、明石小、京橋築地小、明正小、常盤小、日本橋小、有馬小、久松小、佃島小、月島第一小、月島第二小、月島第三小、豊海小、宇佐美学園)が民間委託となっています。

お問い合わせ

学務課保健給食係
電話:03-3546-5515

本文ここまで


以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る