このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

違法駐車防止対策の推進

 中央区では、違法駐車が交通渋滞や交通事故の誘因となるほか、火災等の発生時における緊急車両の活動に支障をきたす等区民生活に大きな影響を及ぼしているため、平成15年6月に「中央区違法駐車等の防止に関する条例」を制定し、同年9月から施行しております。
 違法駐車防止条例は、違法駐車を防止することにより、中央区内の道路が公共の施設として広く一般交通の用に供されることを確保し、区民の安全で快適な生活環境の維持及び向上に資することを目的としています。

条例の概要

 1. 区の責務として、違法駐車等防止に関する広報啓発活動及び指導・助言等の実施を定めています。
 2. 区民、自動車等の運転者の責務として、違法駐車等防止に努めるべきこと、違法駐車等防止施策に協力すべきことを定めています。
 3. 事業者の責務として、使用する自動車等のための駐車施設の確保に努めるとともに、違法駐車等防止施策に協力すべきことを定めています。
 4. 違法駐車等防止重点地域の指定(現在は銀座地区)及び違法駐車等防止施策を重点的に実施することを定めています。

違法駐車等防止重点地域における指導・助言活動

 条例施行と同時に銀座地区を違法駐車等防止重点地域と定め、違法駐車防止のための指導や駐車場の活用の案内など広報・啓発活動を重点的に推進しています。条例及び規則に基づき選任された違法駐車等防止指導員が週1回、違法駐車等防止重点地域(銀座地区)を広報車とともに巡回しながら、違法駐車警告ステッカーの貼付、駐車場利用呼びかけのための駐車場マップの配布などの指導・助言活動を実施しています。
◎条例施行後半年、違法駐車防止重点地域(銀座地区)の違法駐車実態をお知らせいたします。
  平成15年9月の違法駐車等防止条例施行前後各3ヶ月間(各月1回)で調査した結果、重点地域における違法駐車台数は下記のとおり施行前に比べ平均で約20%の減少となりました。

重点地域(銀座地区)違法駐車実態
  銀座一丁目から四丁目地域 銀座五丁目から八丁目地域 銀座全地域
施行前違法駐車台数 1,360台 1,197台 2,557台
施行後違法駐車台数 962台 1,083台 2,045台
増減 ▲398台 ▲114台 ▲512台
(20%減)


◎ 今後はこの結果を踏まえ、より一層の改善を目指し巡回・指導活動を実施してまいります。毎日の暮らしの中で違法駐車の防止について区内のだれもが意識することによって、中央区をさらに「安全で快適なまち」にしていきましょう。

 写真 違法駐車等防止重点地域の立て札

お問い合わせ

【問合せ先】
道路課交通対策係
電話 03-3546-5443 ファクス 03-3546-9550

本文ここまで


以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る