資料室
体験記-空襲体験-
目次へ戻る
空襲体験
戦争と私

野村 和子(のむら かずこ)

 中国との戦争支那事変が始まって、大東亜戦争が昭和16年12月8日に起こり、真珠湾攻撃から順に勝ち戦と思っていたら昭和20年8月15日の終戦となり、惨めな日本の生活が始まり、現在の平和な日が来ました。小学校から女学校まで戦争体験者となりました。最初は南京陥落など、勝ち戦の時は提灯行列、旗行列に兄と手を繋ぎ宮城まで歩きました。高松宮様、三笠宮様がお立台に立たれ、国民と共に万歳を叫んだ事が思い出されます。その頃花電車が美しく電球の光に飾られ、夜の銀座の路線を眩しいほど鮮やかに、そしてゆっくり走って行きました。車庫は青山、新宿でした。みんな手をたたき喜びました。
 昭和17年4月20日頃、B29の米軍機1機がネズミ色の大型機で、突然空襲警報が鳴る前に飛んできたのです。本土へ入ってから空襲警報が鳴ったのです。私は銀座へお使いに行くバスの中から築地本願寺上空を飛んでいる大きな米軍機を見たのです。日本軍は何をぼやぼやしているのかと停車したばスの中で思っていました。偵察機だったと母はラジオで聴き、私に教えてくれました。
 昭和19年、まだ学徒動員が指示される前、永田町小学校へ学校から20名が農村勤労奉仕の講習会へ行きました。帰る途中、警戒警報のサイレンと同時に米軍機来襲。慌てて地面に伏せた時、男の人が私の腕をしっかり掴まえて、防空壕へと連れて行って下さいました。心臓が止まりそうな恐ろしい事でした。国会議事堂前の所で、その人のお陰で命が助かりました。私は笑顔で「ありがとうございました」と言って警視庁前まで走り、その方の名も聞かず都電に乗って母の待つ家へ帰りました。この頃の5月、銀座が焼かれ、歌舞伎座、演舞場の舞台が爆撃されたのです。このことは涙が出るほど情けなく悔しく思いながらも、日本の勝利を信じました。近所が1軒1軒疎開するようになり、友達の家も学校の先輩までも田舎へ行ってしまい、「疎開しないの」と聞く私に、母は「行く所もないし、死ぬ時はみんな一緒でね」。その言葉に町を守る心が決まりました。

- 1 -

次のページへ

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.