資料室
体験記-空襲体験-
目次へ戻る
空襲体験
明治座地下に入れず、助かる

高松 信次郎(たかまつ しんじろう)

 私は、先々代から三代続いてきた江戸っ子で、戦災の時まで呉服商を営んでおり、町会長など町の世話役をしていたので、地域の多くの人々との付き合いがあった。それだけに、私たちのこの浜町の街が焼夷弾によって火の海に呑まれ、そして、なんの罪もないたくさんの住民の生命が奪われていったことは、とても悔しく、また、悲しい思い出として今も消えることはない。
 私は、当時、防火群長といって、空襲の際に地域の人々の安全を守るために働いていた。このため、空襲になっても、私だけでなく私の家族も、我先きに避難することは許されなかった。私は、空襲になると、近所の若い人たちと協力して、まず、女・子供・年寄りを安全なところへ避難させることを終わらせてから、家族を連れて避難するのが常だった。
 浜町一帯は、やはり、昭和20年の3月9日夜半からの束京大空襲によって、まさに火の海になり、その火の渦の中に呑まれるようにして焦土と化した。
 その日、私はいつものように空襲のサイレンとともに地域の人々を避難させるため家を飛び出した。この地域の避難場所に指定されていた料亭「菊の屋」の地下に近所の人々を誘導して避難させてから、我が家に戻ってみると、最早火災が迫り、建物の半分以上に火が回っていた。妻と妻の妹は、まだ小さかった娘を外へ連れ出し、身の回りの物を懸命に運び出しているところだった。もう、家の両隣にも火が回っており、家の消火や残った家財の持ち出しを諦める決断をして、家族を連れ、少々の荷物を持って、まず、避難場所の料亭「菊の屋」の地下へ行った。
 ところが、そこには既に近隣の人々だけでなく、方々から逃げて来た人たちでいっぱいになっていた。仕方なく、そこへの避難を諦めて、「さて、どうしよう?」と思いながら、ふと我が家の方を振り返って見ると、2階建ての我が家が、今まさに燃え落ちるところであった。しかし、それを悲しんでいる間もなく、私たちは迫り来る火災を避けながら、別の避難場所を捜さなければならなかった。

- 1 -

次のページへ

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.