資料室
体験記-空襲体験-
目次へ戻る
空襲体験
空腹に響いたB29の爆音

高橋 富男(たかはし とみお)

 私は、当時、京華小学校の6年生だった。多感な年頃だったためか、その頃の記憶はたいへん鮮かに脳裏に残っている。
 当時の八丁堀には、なぜか空襲が多くあり、度重なるうちに大きな被害となった。木造の人家が密集していたので攻撃目標にされていたのかもしれない。
 私の記憶に残る大きな空襲は、昭和20年1月27日の昼からの空襲。この時は爆弾によるもので、私の家の近くの路地裏にも落ちて、その前の家の人は爆風で壁に叩きつけられるようにして亡くなった。その時の空襲では、胴体だけが空を飛び、民家の屋根を突き抜けて、その家の2階の部屋に落ちるという悲惨な被害もあったと記憶している。
 次に、3月9日夜からの東京大空襲だが、この時、印象にあるのは、月島や勝鬨方面からサーチライトに照らされた超大編隊のB29の不気味に白く光る胴体だった。1,000メートルくらいの上空を飛んでいるはずなのに、私の空きっ腹をブルブル震わす低いエンジンの振動音。止めどもなく「ヒューヒュー」と音をたてながら、斜め後ろの方へ落とされて行く焼夷弾を見た。
 このB29の東京空襲は、昼間もよく見られた。東京に侵入して来るB29の編隊に、日本の特攻機が2〜3機ずつ果敢に攻撃をしかけるのだが、圧倒的な力の差を持つB29の反撃にあって撃墜されて行った。 B29と特攻機では、トンボと蚊ほどの差が感じられたが、それでも、当時、東京上空で何回か特攻機がそのB29を撃墜している。
 ある時、爆弾を落とされるのも忘れて、侵入してきたB29を見ていると、日本特攻機に銃撃されて炎上し始めた1機が編隊を離れて旋回を始めたが、それでも火は消せず、煙が火の玉のようになり、東京上空に巨大なB29の断末魔の姿をさらして墜落した。その後、そのB29は目黒の祐天寺の方に落ちたと聞いたが、私たちは東京の空襲に来るB29を呪い、1機でも特攻機が落としてくれるよう力一杯の声援を送っていた。

- 1 -

次のページへ

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.