資料室
体験記-学童疎開体験-
目次へ戻る
学童疎開体験
おねしょをする子が多かった

町田 スミ子(まちだ すみこ)

 月島第一国民学校の生徒約100人が当広見寺に疎開して来たのは、昭和19年6月19日でした。
 主任の伊東先生(男性)や職員、用務員等合わせると113名くらいで、寺は月島第一国民学校の本部になっていました。それは、秩父市の公民道場にも同校の児童が疎開していたからです。
 当時、私共の家族は親子8人、それによそから預かっていた子やじいやを入れると11人でしたが、市からの命令で集団疎開を受け入れることになったため、本堂・書院・庫裏の合わせて11部屋を提供しました。家族はお勝手で暮らすことになりました。本堂は正面の部屋だけ残して、脇の部屋が先生方の部屋でした。
 伊東先生が大変いい方でしたので、亡くなった方丈と気が合い、寺の中の人間関係はうまくいっていました。方丈もできた人でしたので、よく子供を集めて話をしたりお経を教えたりしていました。うちの子供たちと月島第一国民学校の生徒も仲良くなりました。
 秩父は米のとれない所で、地元の米では年間43日しか食べられない、と言われていました。
 疎開して来る時、生徒は米や缶詰など随分たくさん持って来たみたいで、年内くらいは食べ物は充分ありました。しかし、後で市の配給を受けるようになってからは、細いさつま芋2本が食事、といったこともあって本当にかわいそうでした。
 寺では農家もしていましたので、芋や大根を分けてあげたこともありました。疎開児童たちも田んぼを借りて、じゃが芋などを作っていました。
 中には、親御さんが寺の近くのパン屋や食べ物を売っていた店に密かに遣い物をして、自分の子供に時々腹一杯食べさせてもらっていたようなこともあったようですが、寺としては依怙ひいきするわけにはいきませんでした。

- 1 -

次のページへ

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.