映像ライブラリー
語り継ぐ戦争の記憶「体験者の声」
平成23年度制作映像 平成22年度制作映像 平成21年度制作映像 平成17年度制作映像

 中央区で戦争を体験された方々に戦時下での体験を取材したインタビュービデオです。
 いま一度、平和の貴さ・大切さを見つめ直してみましょう。

小学2年生が体験した昭和20年
大芦 弘
小学2年生が体験した昭和
20年
(7分50秒)
大芦  弘
再生する
中学1年生の空襲体験
小田 保中
中学1年生の空襲体験
(6分25秒)
小田  保中
再生する
関東大震災の教訓で生き延びた東京大空襲
瀧澤 文子
関東大震災の教訓で生き延びた東京大空襲
(5分24秒)
瀧澤  文子
再生する
3度の空襲をくぐり抜けて
細谷 進次
3度の空襲をくぐり抜けて
(5分46秒)
細谷  進次
再生する
中学1年生の見た焼け跡
渡辺 浩志
中学1年生の見た焼け跡
(5分18秒)
渡辺  浩志
再生する
少国民としての闘いだった疎開と東京大空襲
清水 晃
少国民としての闘いだった疎開と東京大空襲
(8分46秒)
清水  晃
再生する
集団疎開と東京大空襲
山口 吉枝
集団疎開と東京大空襲
(8分16秒)
山口  吉枝
再生する

   この映像は、戦後65年以上(平成23年)が経過し戦災体験を次世代へと語り継いでいくことが困難となる中で、戦災体験者の証言を映像に記録し、平和であることの大切さ・尊さを認識するとともに次世代へ伝えていくための資料とするために、戦災を体験された方々にご協力をいただき中央区が作成したものです。

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.