学ぼう!平和ひろば
平和絵本
戦時下の市民の生活

赤ちゃんと防空壕
 パシャリ!
 戦争がはじまる前、銀座の町はたくさんの人でにぎわっています。
 若いお母さんとお父さんは、銀座を通って、勝鬨橋をめざしています。
 このころ、勝鬨橋は開いたり閉じたりするので、とても有名だったのです。

 ぼーん、ぼーん。
 時計が夜の7時をしらせます。

お母さん『昭和十九年、わたしたちの住んでいる月島のあたりにも、たびたび空襲があるようになりました。戦争がきびしくなるにつれ食料も手に入らなくなってきました』

 ぐううう。
 はじめくんのおなかがなります。

お母さん『さ、お母さんの分もお食べ』
はじめ『わあい』

 はじめくんはうれしそうに手を出します。

お父さん『いかん。はじめは我慢しない。母さんは、お腹にあかちゃんがいるんだぞ』

 はじめくんはしょんぼりです。
 けれども、お母さんはきちんと栄養をとらなければいけないのです。

 朝、すずめがちゅんちゅんないています。

お父さん『消火―っ!』

 お父さんがかけごえをかけると、バケツリレーがはじまります。

お母さん「夫は、地域の警防団に入っていました。空襲で街が燃えたときすぐ火を消すための訓練が、日々、行われていました」

 防火用水に火はたきを突っ込んで、たき火を消す練習をしています。

お母さん「火事になったときは逃げてはいけない、爆弾の火もはたきで消す。そんな無茶な練習を、何度も何度も繰り返していました」

 男の人たちが穴を掘っている横で、お母さんたちが重い土を運んでいます。

お母さん「空襲のときに隠れる『防空壕』は、ご近所の人たちが助け合ってあちこちに掘られていました」

お母さん『うっ……』
近所のおばさん『あんた、無理しちゃいけないよ。丈夫な子を産むのがお国のためなんだからさ』
お母さん『ありがとう、大丈夫よ……』

 けれども、おなかの大きなお母さんには、たいへんな仕事なのでした。

 昭和20年3月9日。

お父さん『じゃあ、行ってくるよ』

お母さん「この日、夫は仕事の都合で、月島のわが家から、隅田川を越えて深川のほうへ行きました」

 ぼーん。
 時計が午後1時のかねを打ちます。

わたし「うっ! はじめ……はじめ!」

 お母さんはとても苦しそうです。

お母さん『おとなりのね、山田さん、山田さんのおばちゃんを呼んできてくれるかい』
はじめ『お母ちゃん、どうしたの?』
お母さん『赤ちゃんよ……赤ちゃんがね、産まれそうなのよ』
はじめ『えっ!』

 はじめくんはおとなりの家に走っていきました。

 えーん、えーん。
 赤ちゃんのなきごえが聞こえてきました。
 はじめくんはおそるおそる部屋をのぞきます。

山田さん『女の子だよ。はじめちゃんはおにいちゃんだねえ』

 はじめくんに妹ができたのです。
 お母さんは赤ちゃんを抱いて、とてもしあわせそうなのでした。

 夜になっても、お父さんは仕事から帰ってきません。
 赤ちゃんはお母さんのとなりで、すやすやと眠っているのでした。  ところが――

 ウィーン、ウィーン!
 くーしゅーけーほー、はつれー!
 空襲がはじまったのです。

お母さん『はじめ! はじめ!』

 ドン、ドン!
 月島の基地から、アメリカの飛行機にむかって高射砲が撃たれます。

男の人の声『てっきらいしゅうー!』
男の人の声『だめだ! こっちの攻撃がとどいてないぞ!』

 たくさんの爆弾や焼夷弾が、どんどん町に落とされます。
 お母さんはおそろしくて、立ちすくんでしまいます。

お母さん『ああ……』
山田さん『あんた!』

 おとなりの山田さんが、お母さんの手をしっかりにぎってくれたのです。
 防空壕の中で、お母さんはお父さんのことが心配でしかたがないのでした。

お母さん『あなた……』

 次の日の朝。
 深川のほうは一面の焼け野原で、まだけむりがあがっています。
 その中を、とぼとぼと歩いてくる男の人がいます。
 玄関ががらがらと開いて、くずれこむようにお父さんが帰ってきました。

お母さん『あなた……!』

 お父さんは傷だらけ、服はぜんしんぼろぼろで、びしょぬれです。

お父さん『深川は、何もかも燃えてしまったよ……川に飛び込んで、一晩中浮かんでいたんだ……』
お母さん『よかった……よかった……』

 けれども、お父さんはまだおそろしさに震えています。
 そこへ――
 えーん、えーん。
 赤ちゃんのなきごえがしました。
 はじめくんが赤ちゃんを抱いてやってきたのです。
 赤ちゃんの声を聞いて、お父さんははっとしました。

お父さん『おい……おい! 産まれたのか!』

 お父さんとお母さんは、はじめくんと赤ちゃんを抱きしめて、家族がふたたびそろったことのうれしさを、いつまでもかみしめているのでした。

(了)

一覧へ戻る ムービーに戻る

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.