学ぼう!平和ひろば
平和絵本
空襲による被災者の状況

お父さんは写真屋さん
 カシャッ、カシャッ。
 まだ戦争がはじまる前のこと。
 カメラのシャッターが切られます。
 しんちゃんのお父さんが、写真をとっているのです。

しんちゃん「僕のお父さんは写真屋さん。鍛冶橋の近くで写真館をやっているんだ。」

お父さん『しんいち、マグネシウムを取ってくれ』
しんちゃん『はい』
お父さん『気をつけなさい、とても燃えやすいものだからね』

 しんちゃんは、ビンからそうっと白い粉を取り出しました。
 この粉は、カメラのフラッシュのかわりをするのです。
 お父さんがシャッターを切ると――ぴかり!

しんちゃん「戦争がはじまって、東京もたびたび空襲を受けるようになると、お父さんは、お母さんと弟たちを疎開させた。」

 写真館の看板の下で、しんちゃんはお父さんに聞きました。

しんちゃん『父さん、ここにも空襲があるかな。そしたら、ここも焼けてしまうのかな』
お父さん『いいや、大丈夫さ……このへんの建物は、火に強いからな』

 しんちゃんは考えます――

しんちゃん「僕らの町は、関東大震災のときにめちゃくちゃに焼けてしまった。だから、そのあとコンクリートの建物をたくさん建てたんだ。これならきっと、空襲を受けても大丈夫。僕は自分にそう言い聞かせていた」

 昭和20年3月9日。
 ゴゥンゴゥン。
 夜空にエンジンをうならせて、B29の大編隊がやってきます。

しんちゃん『あっ』

 空襲警報のサイレンを聞いて、しんちゃんとお父さんは目を覚ましました。
 空の上では、銀色のB29のハッチが開いて、
 数えきれないほどの焼夷弾や爆弾を落としはじめます。
 少しはなれた暗い町から、夜空に炎があがります。

しんちゃん『父さん?』

 お父さんは窓の外をじっと見ています。

お父さん『……燃えだしたっ』

 写真館の前へ、まっすぐつづく道のむこうから、
 たくさんの影がおしよせてきます。
 それは燃える町から逃げてくる、たくさんの人なのです。
 炎が人を追いかけてきます。
 服や、荷物や、人に燃えうつって、炎はどんどん燃えさかります。
 しんちゃんとお父さんは、恐ろしくて、ただそれを見ているしかできないのでした。

 次の日の朝。
 しんちゃんとお父さんがあと片づけをしていると、自転車に乗ったたつやと走るみつひろがやってきました。

たつや『おうい! しんちゃーん!』
しんちゃん『みつひろ、たつや!」
みつひろ『なあ聞いたか、深川がひどくやられたって』
しんちゃん『えっ、深川。じゃあ、てっちゃんが……』

しんちゃん「深川には、友達のてっちゃんが住んでいた。僕たちはてっちゃんの家を目指した。」

 深川の近くにくると、あたりは一面、けむりでいっぱいです。

しんちゃん『(げほげほ)煙がひどいや』
みつひろ『おうい、たつや、自転車のくせに遅れるなよ』
たつや『おかしいなあ、なんだかタイヤがすべるんだ』
しんちゃん『どうしたんだい』
みつひろ『道が油をしいたみたいだぜ。……ああっ!』

 橋の上に、炎に焼かれて死んだたくさんの人がたおれています。
 その人たちの体から、熱にとかされた油が流れてきたのです。

しんちゃん『人だ! 人の油なんだ……!』

 深川にわたると、町は一面の焼け野原。
 ねーん、ねん、ころーりーよー……。
 死んでしまった赤ちゃんを抱いて、お母さんが子守唄を歌っています。
 いつまでも、いつまでも……。

しんちゃん『あ……』

 しんちゃんは何か光るものを見つけました。

たつや『それ、なんだい』
しんちゃん『ビー玉だよ、たぶん……』

 ビー玉は炎のあつさでドロドロにとけて、きみょうな形にゆがんでいました。

しんちゃん「結局、僕らはてっちゃんを見つけることは、できなかった」

 その夜、しんちゃんは写真館の前で空を見上げていました。
 お父さんはやさしく言いました。

お父さん『大丈夫、きっとどこかに避難したんだ』
しんちゃん『ちがうんだ……』
お父さん『ちがう?』
しんちゃん『僕は……僕は、なんだかすまないんだ』
お父さん『何がすまないんだね』
しんちゃん『みんな焼けてしまったのに、うちだけきれいに残っているなんて、すまないんだ』
お父さん『……』

 昭和20年5月25日。
 しんちゃんたちの写真館にも、たくさんの爆弾や焼夷弾が落とされました。

しんちゃん「せっかく残っていた僕の家も、五月の空襲で焼けてしまった」

 写真館の中でたいせつにおいてあった、あのマグネシウムに火がつきました。
 ボンッ、ボンッ。
 その光は、ひっしに逃げだしたしんちゃんとお父さんを、ぱっと照らします。
 しんちゃんの思い出のつまった写真館も、たくさんの人の思い出がつまったこの町も、何もかもが燃えつきて、灰色の景色にかわってしまったのでした。

(了)

一覧へ戻る ムービーに戻る

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.