学ぼう!平和ひろば
平和絵本
戦時下の子供たち

次郎の疎開
 パシャッ、パシャッ。
 戦争がはじまる前、次郎くんの家族が、日本橋のあたりを通っています。
 写真屋さんのおじさんが、次郎くんたちの写真をとったのでした。

 昭和19年11月。
 飛行機からたくさんの爆弾や焼夷弾が落とされます。

次郎「戦争がひどくなって、東京でも空襲があるようになった。」

 数か月前。
 次郎くんの家は、横山町でお店をしています。
 そのお店の前で、リュックをしょった次郎くんがぐずっています。

次郎『ねえ、どうして兄ちゃんは行かないの?』
お父さん『言ったろう。太郎はもう中学生だから、お国のために働かなきゃいけないんだ』
お母さん『お父さんもお母さんも江戸っ子だからねぇ。うちも田舎に親戚があれば……』
太郎『学校のみんなと行くんだから、遠足みたいでいいじゃないか。でも、次郎はおねしょするからなあ』
次郎『おねしょなんかするもんか!』

 次郎くんたちは学校にあつまりました。

次郎「ボクは学校のみんなと一緒に、日本橋のうちから埼玉のほうへ、疎開することになった。「疎開」っていうのは、空襲を受けないように大きな町から地方に避難することなんだ。」

 いよいよ次郎くんたちが出発します。

お母さん『次郎……』

 思わず駆けよろうとするお母さんを、太郎お兄さんがとめました。

太郎『駄目だよ。見送りは校門までと決まってるじゃないか』
お母さん『……戦争は、いやだねぇ』

 次郎くんたちは汽車に乗って、家族の住む東京から、とおくはなれていったのでした。

 ぴーひょろろ。
 山に住む鳥がないています。
 次郎くんたちは、先生につれられて、古くて大きなお寺にやってきたのでした。
 ぎしぎしっ。
 戸が開くと、おばけのようなおしょうさんが、ぬぅっと手まねきしています。

おしょうさん『遠いところを、よく来ましたなあ』
次郎『ひええっ』

 次郎くんたちはぎょっとしました。
 けれども次の瞬間、お寺から甘いにおいがただよってきました。

次郎『ん? いいにおい……』

 近所のおばさんたちがふかしイモを用意していてくれたのです。

おばさんたち『さあ、たーんとお食べ』
子どもたち『わあい!』

 おなかをすかせたこどもたちはおおよろこびです。
 おしょうさんはそんなこどもたちを見て、わっはっはと笑いました。

 コンコンコン。
 授業がはじまる合図のかねがならされます。

次郎「僕たち疎開児童は、お寺の近くの学校で、地元の子供たちと一緒に勉強させてもらうことになった」

 次郎くんはとなりの席の地元の子に、こっそりと聞きました。

次郎『ねえ、どうして帽子をとらないの?』

 すると、その子は、にやっと笑っていうのです。

地元の子『みんなにシラミをうつさないためさ!』

 その子があたまをボリボリかくと、粉のようにシラミが飛ぶのです。

次郎『ひっ』

 夕方。
 学校からかえる次郎くんたちの前に、地元のガキ大将が立ちはだかります。

ガキ大将『おい、疎開!』

 それは次郎くんのとなりの席の子だったのです。

ガキ大将『おい、お前』

 地元の子たちは、次郎くんをつかまえてジロジロ見るのです。
 自分たちとちがう東京の子が、めずらしいやらおもしろいやらで、見るのです。

地元の子『へーえ、なまっちろいやつ』
地元の子『新しい服きてやがる』
ガキ大将『ふん――やい疎開。お前、相撲なんかできないんだろう』
次郎『そんなことあるか!』

 わいわいがやがや、こどもたちがあつまっています。
 次郎くんがガキ大将と相撲で勝負をするのです。
 はっけよーい、のこったのこった!
 いよいよ相撲がはじまります。
 のこったのこった!
 次郎くんとガキ大将は、あっちにいったり、こっちにいったり。
 もう地元の子も、疎開の子も、どっちを応援しているのかわかりません。

次郎『ええーい!』

 次郎くんがガキ大将を投げ飛ばしました!

地元の子『いいぞ、疎開ーっ!』

 キイィーッ!
 そのとき、自転車に乗った先生がやってきました。

先生『こらーっ、何をしとるかーっ!』

 けんかをしていると思って怒っているのです。

ガキ大将『先生だ! 逃げろ疎開!』

 次郎くんとガキ大将は、笑いながらいっしょに逃げるのでした。

 昭和20年3月9日。
 みんなが寝しずまった夜、次郎くんがそろりとぬけだします。
 ミシリミシリと廊下がなります。
 次郎くんはお手洗いにいきたいのです。
 ところががちゃりと戸を開けると、暗いボットン便所の中では、たくさんの虫がうごめいています。

次郎『ひええ……』

 それでも用はすまさないといけません。
 じょぼじょぼじょぼ。
 勇気をだしてどうにかボットン便所を使えた次郎くんは、ふと、窓の外にでたまん丸の月を見たのです。
 あの大きなお月さまは、東京の家からも見えるのかな。
 次郎くんは、お父さんやお母さん、太郎お兄さんのことを思い出しました。

 次郎くんがすやすやと眠った、その同じ時間――
 横山町の家は空襲の炎で燃えあがり、お店の看板も焼け落ちて、その下にはお母さんが、ぐったりと倒れていたのでした。
 けれども何も知らない次郎くんは、とおく離れた布団の中で、ただなつかしいお母さんを夢に見て、「お母さん」としあわせそうに寝言をいったのでした。

(了)

一覧へ戻る ムービーに戻る

▲ページの先頭へ

お知らせ プライバシーポリシー 利用案内 リンク集
Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.