このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

三味線サークル

更新日:2018年7月27日

歳松会
ふりがな さいしょうかい
団体名 歳松会
活動分野 F 三味線
活動内容 邦楽囃子・長唄三味線を普及することを目的とする
会員数 22名
募集 有(随時)
会員の条件 特になし
会費など 月会費 500円(下記連絡先にお問い合わせください)
活動日 月2回 土曜日または日曜日
活動場所 築地社会教育会館
連絡先 氏名:三浦 妙子
電話:03-5540-5666
メール:m.takio.5666@ezweb.ne.jp
PR 長唄・三味線・邦楽囃子(小鼓)を通して楽しみながら学び、交流を深める会です。小さな発表会に出演することもあります。ご参加ください。
三味線サークル七三会
ふりがな しゃみせんさーくるなみかい
団体名 三味線サークル七三会
活動分野 F 三味線
活動内容 三味線の練習
会員数 5名
募集 有(随時)
会員の条件 特になし
会費など 月会費 4,000円から6,000円
活動日 火曜日
活動場所 個人宅
連絡先 氏名:竹井 幸子
電話:090-9953-1032
PR 毎週火曜日、皆で三味線を練習しています。主に長唄を練習します。お気軽にご参加下さい。
蓼派四葉会(静乃会)
ふりがな たではよつばかい しずのかい
団体名 蓼派四葉会(静乃会)
活動分野 F 三味線
活動内容 三味線に合わせて小唄のけいこ、また三味線のけいこ
会員数 14名(シニア中心に男性も可です)
募集
会員の条件 邦楽の小唄の好きな方
会費など 月会費 3,000円から
活動日 金曜日 午後から夜間、日曜日 18時から
活動場所 築地社会教育会館
連絡先 氏名:天野 芙美子(蓼胡競靜)
電話:090-7227-4081
PR 日本の粋な江戸小唄を習ってみませんか。若い方からシニアの方々まで、三味線を爪引きで引き、唄いで唄ってください。ぜひお待ちしております。
中央区長唄三味線サークル蓑里会
ふりがな ちゅうおうくながうたしゃみせんさーくるみのりかい
団体名 中央区長唄三味線サークル蓑里会
活動分野 F 三味線
活動内容 楽しく三味線の練習をし発表する
会員数 9名
募集 有(随時)
会員の条件 なるべく休まず、仲良く参加出来る人
会費など 月会費 2,000円
活動日 休日 午前
活動場所 築地社会教育会館
連絡先 氏名:蓑田 永子
電話(FAX):03-3815-9328
PR はじめての方でも楽しくおけいこできます。
津軽三味線 優英会
ふりがな つがるしゃみせん ゆうえいかい
団体名 津軽三味線 優英会
活動分野 F 三味線
活動内容 三味線の演奏、日本民謡
会員数 6名
募集 有(随時)
会員の条件 熱心にお稽古できる方
会費など 月会費 5,000円
活動日 月2回
活動場所 プレディ有馬、日本橋社会教育会館
連絡先 氏名:清水 めぐみ
電話:080-6688-3382
PR 津軽三味線、日本民謡に興味のある方は、お気軽にどうぞ。お問い合わせください。
桐孝会2
ふりがな とうこうかいに
団体名 桐孝会2
活動分野 F 三味線
活動内容 常磐津(三味線・浄瑠璃)の練習
会員数 6名
募集 有(随時)
会員の条件 特になし
会費など 月会費 1,500円 
活動日 月3回 主に水曜日 夜間
活動場所 築地社会教育会館
連絡先 氏名:野島 公子
電話:090-3531-0899
メール:kimi.noji-@ezweb.ne.jp
PR 初心者向けの常磐津三味線同好会です。お気軽にご連絡ください。
ゆきひろ会
ふりがな ゆきひろかい
団体名 ゆきひろ会
活動分野 F 三味線
活動内容 民謡の三味線のひき方
会員数 8名
募集 有(毎週火曜日13時から16時)
会員の条件 特になし
会費など 月会費 3,000円
活動日 毎週火曜日 13時から16時
活動場所 月島社会教育会館
連絡先 氏名:萩原 克恵
電話:03-3534-7244
PR どなたでも入会できます。

お問い合わせ

文化・生涯学習課生涯学習係
電話:03-3546-5524
ファクス:03-3546-9556

本文ここまで

サブナビゲーションここから

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る