このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

放射線による健康への影響について

更新日:2014年1月20日

放射線量の基準

 一般の人に対する放射線量の基準としては、下記のとおり、国際放射線防護委員会(ICRP)が2007年に勧告を出しています。
 国は、この値を考慮して一般の人に対する平常時の放射線量の基準を年間1ミリシーベルトとしています。

一般の人に対する放射線量の基準(国際放射線防護委員会2007年勧告)
状況 基準
平常時の放射線の管理基準 年間1ミリシーベルト
緊急事態の放射線の管理基準 20から100ミリシーベルトを超えないこと
事故収束後の復旧期の管理基準 年間1から20ミリシーベルト

【単位】1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト

水道水における放射能について

 東京都水道局によると平成23年3月22日、23日に金町浄水場で採水した水道水が、食品衛生法に基づく乳児(1歳未満)の飲用に関する暫定的な指標値100Bq/kgを超える放射性ヨウ素を検出したと発表していましたが、3月24日には指標値を下回っています。
 これにより東京都水道局は、1歳未満の乳児を含むすべての方に飲用をいただいても問題がないと公表しています。
 詳しくは、東京都水道局ホームページをご覧ください。
・東京都水道局ホームページ(浄水場の浄水(水道水)の放射能測定結果)

東京都による環境放射線測定結果について

 東京都健康安全研究センターでは、年間を通して大気中の放射線量・水道水・降下物(塵や雨)に関する測定を行っています。詳しくは、東京都健安研センターの環境放射線測定結果のサイトをご覧ください。
・東京都健安研センター(都内の環境放射線測定結果)

乳児の水分接種による日本小児科学会等の共同会見について

 日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会からの共同見解について、下記よりダウンロードできます。
【関連リンク】
 ・(社)日本小児科学会ホームページ
【共同見解のダウンロード】


【関連情報】
 詳しくは、各ホームページにおいて確認してください。
原子力利用の規制については、原子力規制委員会のホームページをご覧ください。
・原子力規制委員会ホームページ

放射能の身体への影響については、独立行政法人放射線医学総合研究所のホームページをご覧ください。
・独立行政法人放射線医学総合研究所ホームページ

ヨウ素を含む消毒剤などを飲んではいけません。
・独立行政法人 放射線医学総合研究所からのお知らせ
福島原発事故による放射線被曝について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内(特に母乳とヨウ化カリウムについて)
・日本産婦人科学会からのお知らせ
食品の安全性については、内閣府食品安全委員会のホームページの重要なお知らせをご覧ください。
・内閣府食品安全委員会ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

・食品に関すること
 中央区保健所食品衛生第一係
 電話 03-3541-5939
・水に関すること
 中央区保健所環境衛生係
 電話 03-3541-5938
・健康に関すること
 中央区保健所健康推進課保健担当
 電話 03-3541-4261  
 日本橋保健センター健康係
 電話 03-3661-5071
 月島保健センター健康係
 電話 03-5560-0765

本文ここまで


以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る